株式会社 大塚商会

アルファメール プラチナ 会員サイト

サイト内検索
Powered by Accela BizSearch
文字サイズ
小
中
大

HOME >> お役立ち情報 >> ウイルス基礎知識と対策

ウイルス基礎知識と対策

コンピュータウイルスは、コンピュータに危害を与える目的で作成された悪意を持ったプログラムのことです。ウイルスは、電子メールの添付ファイルやインターネット上からのダウンロード、ファイル交換などで感染します。

ウイルスに感染するとアドレス帳に登録されているメールアドレスへウイルスを送信するものもありますので、取引先や社内にウイルスをばら撒くこととなり被害が拡大していきます。

特にウイルス感染の90%以上が電子メールといわれ、感染を未然に防ぐ対策が重要になります。

ウイルス感染イメージ

ウイルス対策

  • 見知らぬ相手から受け取ったメールの添付ファイルは開かないようにしましょう。
  • PCにインストールしているウイルス対策ソフトは、最新のパターンファイルを利用し、定期的にウイルスチェックを行いましょう。
  • ホームページからダウンロードしたファイルや媒体(CD-ROM等)からのファイルは、ウイルス対策ソフトで実行前に事前チェックしましょう。
  • 利用しているPCのOS、メールソフト、ブラウザなどは、Windows Update、Microsoft Updateなどを実行し、常に最新版を利用しましょう。

アルファメールのウイルス対策

「アルファメール プラチナ」では、安心してメールの利用ができるように「メールウイルスチェック」を標準機能としてご用意しています。
業界随一のトレンドマイクロ社のシステムを採用し、送受信のメールに対応しています。常に最新のパターンファイルが適用されるため、新種のウイルスにもすばやく対応します。

すべてのウイルスを発見・駆除できることを保障するものではありません。

▲このページの先頭へ

お役立ち情報
迷惑メール基礎知識と対策
ウイルス基礎知識と対策
ウイルス情報
OP25Bの対処について
Web改ざんの対策について
メール初期設定ガイド